眼鏡が合わない、眼精疲労、不同視、強度近視、斜位、斜視、視機能不良で物が二重に見える、大型・二種免許等の深視力、読み書きが苦手、レーシック後、白内障術後の不具合といったお困りごとをお持ちの方へ


                奈良県 メガネ 両眼視機能 視覚認知 ビジョントレーニング




 
● トップページ

 ● 店主の御紹介

 
● 予約制について

 ● 「見る」ということ

 ● 営業カレンダー

 ● 当店の価格目安

 ● 店主のブログ

●ご相談・検査の御予約


● 当店までのアクセス


 ● JoyVisionグループ

ビジョントレーニング研究会

 ● 眼鏡作成の流れ

 ●ドイツ式両眼視機能検査

 ● ビジョントレーニング

 ● 視覚認知検査

 ● 当店の検眼室

 ● 子供用メガネ

 ● 遠近両用メガネ

 眼精疲労軽減レンズM-POS

 ● お役立ちリンク
 (信頼できる眼科医院)  (信頼できる眼鏡店)  (信頼できる支援施設)


 ● お客様からの喜びの声

 ● よくある質問 

 ●ディスレクシア (読み書きの学習困難)

 ● 子供用メガネ

 ●子ども用スポーツゴーグル
 レックスペックス


 不同視用メガネ

  深視力メガネ

 
● 視覚機能研究会

 
● パソコンメガネ

 ● 強度近視用メガネ

 
● 大きいメガネ

 
● 剣道用メガネ

 ● レンズ/遮光眼鏡/偏光


 ● PROPO DESIGN

 ● コンセプトY  
 
JAPONISM/ジャポニスム 

 ● FACTORY900
 

 STEADY

 ● Kazuo Kawasak

 ●GROOVER
 
 SOLID BLUE

 ●アディダス(ジュニア)

 ●lafont(ラフォン)

 ●HUSKY NOISE

 ●オーダーメイドフレーム   (完全フリーオーダー)

視覚機能研究会

パソコンメガネ研究会

深視力メガネ研究会

 発達障害のある子への視覚支援
 ●LD(学習困難)

●ADHD(注意欠陥・多動性障害)

 ● 子供の眼の相談会  

 ● 発達障害(不調)    と視覚認知の関わり


Joy Vision 奈
オプト まつもと


橿原市常盤町495-1
0744-35-4776

奈良県橿原市常磐町 メガネ店 オプト松本 ジョイビジョン奈良 深視力 視力検査 ビジョントレーニング


大きな地図で見る




















































































































白内障術後 メガネ 奈良 両眼視機能 ビジョントレーニング  



遠近両用レンズ
バリラックス認定プロショップ
ローデンストック認定プロショップ(奈良県唯一)


取扱いレンズメーカー
世界各国の4億人以上が優れた見え心地を認めたVarilux(バリラックス)
ドイツ140年の歴史を誇るドイツ国ナンバー1メーカーRoden
Stock(ローデンストック)
国内最高レベルの累進レンズNikon/AI限定店舗ライン



現代社会において、パソコン・スマートフォン・タブレット端末などは日常不可欠となっています。

その一方で、加齢に伴って減弱していく調節力を補い、生活の質を上げるべき存在の「遠近両用メガネ」はいくつかの理由によって上手く使用できていない方が多いのが実情です。

手元の見えにくさを補う「遠近両用レンズ」の装用は、適応時期にも関わらず「慣れにくい」「使いづらい」「手元用と普段用の掛け替えが楽」などの理由で、欧米諸国の普及率と比較すると日本は遠近両用の普及率が低くなっています。

慣れにくい理由の多くは、適齢初期に作成する遠近両用メガネが「適切な検査と調整」によって作成されていない事が多く、本来の性能を引き出されないままにドロップアウトされていることが多くなっています。


また、普及率が低い要因のひとつとして、遠近両用の適齢初期にも関わらず、低技術なメガネ店や眼科施設で、無意味に遠用と近用(老眼鏡)の複数所持を進められていることが多く、自由度の高い処方・調整がなされているとは言いにくい現状です。


「見え方の質」と「生活の質」の向上を高めていく為には、眼鏡作成の工程の中で下記のことがあげられます。

「遠近両用レンズの性能を最大限に発揮させる精密に測定された眼鏡度数」

「遠近両用レンズの性能を最大限に発揮させる精密な調整」

「生活場面・装用環境に即した遠近両用レンズレイアウトの決定」

「必要最小限の掛け外し、より生活場面に即した複数所持の提案(中近両用・近近両用など」

これらの技術的要素が満たされることで、限りなく自然な見え心地を御提案できるのです。


高齢者オプトメトリーという考え方


加齢によって生じる視機能の低下はよく知られることです。
静止視力は30歳代から低下をはじめ、70歳〜80歳ではピーク時の30%〜40%程度まで低下すると言われています。

また、手元を見る際のピント合わせ機能(調節機能)は40歳代前半から低下が自覚でき、手元の見えにくさや近業作業での疲れを自覚する人が増えてきます。

また、これらの機能低下だけでなく、目の周りを支える筋肉(外眼筋)の筋力低下に伴い、眼球運動能力の低下が起こり、動体視力・空間認識力に大きな影響を及ぼすことが分かっています。


このように、加齢によって生じる視機能の低下に対し、視覚情報の提供担うメガネの役割は非常に大きく、一人ひとりに異なる視機能の状態を綿密に測定することが大変重要だと言えます。

もう、一般的な量販店や眼鏡店の従来型の視力評価では限界に達した時代へと変化しているのです。



累進レンズ

本来であれば 「見え心地の良さ」を実感できるはずの累進レンズが、量販メガネ店の低次な技術レベル・手技不足によって、累進レンズの利点が生かされていない状況が長く続いています。


メーカーレベルにおいては累進レンズの設計が飛躍的に進歩し、上位機種においては個々人の眼の特性をパラメーター化し、それらをレンズに反映させることが可能になっています。

しかしながら、いくらレンズが高性能化されていっても、技術者のレベルが熟練していない限り、全くお粗末なメガネにしかならず、個別設計の利点も全く生かせないままに使用されているケースを散見します。

ボディ(レンズ)がいくら優れていても、エンジン(度数)が低い性能であれば意味がありません。

実際に累進レンズを快適に使えるかどうかは、一般のメガネ店や眼科の検査では不十分なのが現実です。
技量や学識、経験による背景も無く、機械と設備のみの「両眼視機能検査を謳う店」もまた同じことが言えます。

現存する量販的なメガネ店で個別に応じた累進眼鏡作成はもはや無理なのです。

          
遠近両用レンズドイツ式両眼視機能検査

ドイツ式両眼視機能検査×個別設計・遠近両用レンズ

正確なアセスメントによる状態把握は累進レンズでの理想的な見え方を実現します


遠近両用メガネの作成に際し、先ずドイツ式両眼視機能検査で両眼視機能の不良による下記のような問題を解決します。
どのようなレンズを使用するにしても、ベースになる度数がしっかり測定されていない限り、使いやすい遠近両用メガネにはなりません。

■頭痛・肩こり
■物を見る作業を続けると疲れやすい
■羞明
■視線移動が困難(スポーツなど)
■近見作業に問題がある(読書・パソコン)
■物を注視しにくい
■落ち着いて物を見れない
■距離や速度を推定しにくい
■時々ものが2重に見える


視機能の測定後、遠近両用レンズの両眼共通視野を最大限に得るため、フレーム装用状態で眼のデータをVisioffice2にて取得し数値化します。
このとき、最大20のパラメータを遠方視と近方視それぞれに数値化すると同時に、基本パラメーターの測定をスピーディーに行い、測定度数とバッテリーしてレンズの選択及び個別設計に反映します。

目的は「ビデオ撮影による眼軸長(眼球の長さ)の測定」「眼球回旋中心測定」「対象物を見るときの眼球運動時の頭部の動きと視線の動きをデータ化する」ことです。

これらは測定データとして物理上得れなかった部分です。

この測定パラメータ-は、遠近両用レンズ使用に際し、より実際的で非常に自然な視野を獲得し、大幅なユレ歪みの低減に繋がります。


 
     精密なアイポイントを測定   緻密な測定データをレンズに反映奈良県独占販売のローデンストックレンズかつてない広い視野を持つ累進レンズ


 






                        



                       

     


                   

        

   



技術と知識が介在する行為である為、「無料視力測定」という類のものとは一線を引いております。

当施設を「新規」で御利用頂く方は原則「予約制」とさせて頂いております。
 
当店では、眼鏡作成に必要な検査や、お子さんの視覚認知検査及びビジョントレーニングを行っているため、お一人にかかる時間や検査も、重層的で多層的になることが殆どです。

視覚認知検査の場合、外部刺激を受けやすいお子さんの視覚認知検査や視覚認知トレーニングなども行っておりますので、入口ドアに施錠している場合もございます。

上記においては、検査において、聴覚的な刺激に過敏さがある方は外的刺激(物音・話声・足音)を除去する必要性がある方もおられるからです。

また、県外から宿泊されてお越しになられる御客様や、県内でも何週間も何ヶ月も前から御予約を頂いている御客様もおられます。

商品の閲覧においては予約の必要がないと思われている方もおられるようですが、やはり先に御予約いただいている御客様が最優先となります事を御了承頂けますと幸いです。

そして、わざわざ御予約頂いている多くの方は、それぞれの「悩み」や「困り感」を抱えられています。

この「悩み」や「困り感」を解決できるかどうかと「不安」や「期待」を抱かれて御来店される方が殆どですので、その主訴に対して全力で対応したいと思っております。

その状況下で、ご予約が無き方がお越しになられた場合、先約の方に御迷惑をお掛けすることは公平性に欠けますので、誠に手前勝手ではありますが、当施設を新規で御利用頂く場合は予約をして頂けますと幸いに存じます。

詳しくは予約制についてのページを御覧ください

※視覚認知検査は完全予約制です


当ホームページに記載されております文章・画像を、無断で転載なさることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます
























































 























 


 ●
























































































































































Copyrights(C) 2011 JOY VISION NARA All Rights Reserved.